FAQ

よくあるご質問

メーカー指定はありません。
ただし、シートカバーはメーカーにより品質に大きな差があります。車種別設計でもサイズ不適合や形状不一致の他、縫製不良なども多々見受けられます。なるべくキレイに仕上がるように施工しますが製品特性上キレイに仕上がりにはならない場合もあります。

ドアを開けたままにしないと作業できない箇所もあります。また、車種・製品より、シートを取り外して車外で施工する場合もあります。
それにより車内及びシートが濡れるのを防ぐことはできませんが、濡れても構わないのであれば施工可能です。(作業員が濡れる分には問題ありませんが、濡れた状態で車内にて作業することになります)
難しい場合は日程の再調整もご検討ください。
日程変更が難しい場合は、レンタルピット、レンタルガレージのご利用もについてもお気軽にご相談ください。

極端に狭いスペースでは施工できません。最低でもドア半分以上は開けるスペースがないと難しいです。車種・製品により、シートを取り外して車外で施工する必要がありますので、シートを搬出できるスペースが必要です。どうしてもご用意が難しい場合はレンタルガレージなどをご検討頂くか、当店駐車場での施工も可能です(出張専門店のため待合スペースの用意はございません)

未装着部分のみの施工も承ります。すでに装着済の部分も調整、再装着等をご希望には基本的には車種別通常料金となります。施工済箇所に一切手を触れない(調整もなし)場合は、残りのシート数に応じて通常価格よりお値引きさせて頂きます。

車両状態と施工完了確認のために施工前後の立会はお願いしております。施工中については長時間になりますので立会は必要ありません。ただし、施工に必要な十分なスペースが確保されていない場合など、作業途中でお車の移動が必要になる場合がございます。その際はお客様にて移動して頂く必要がございます(当店スタッフによる車両の移動お断りしております)

装着済シートカバーの取外しは別途工賃¥2,200 を頂戴いたします。また取外したシートカバーは、取外し作業中による破損、劣化などによる破損も含め当店では一切責任を負いかねます。なるべくお客様ご自身であらかじめ外しておくことをお勧めします。
特に車種専用シートカバーの場合は取り外しや再利用を前提としていないため、ヘッドレスト部の縫い目の裂けや、アームレスト部の破損の可能性は高いです。

既存シートカバーの取外しについて

当店スタッフはお引渡しされた状態のシートにそのまま施工します。なるべく施工前にシートの汚れやほこりを取り除いておくことをお勧めします。特に座面と背もたれの隙間は異物が溜まりやすい箇所になります。

車外への移動をお願いします。車種・製品により、トランク側からの作業が必要な場合や、トランク内の敷物を取外す必要がございます。トランク内にお荷物があると作業ができない場合があります。

過去の事例をご紹介します。

  • 同車種同グレードのお車でもオプション装備(背もたれテーブル、アームレスト、コンビニフックの有無など)の違いにより、取付時間に大きな差が生じることがあります。
  • 過去にシート類、肘掛け、コンソールなどを脱着されている場合などで、不適合ボルトで無理矢理ねじ込み固定されているお車や、シリコン系コーキング剤で固定されている場合など、スムーズに脱着ができないお車
  • 製品(メーカー)によっても、取付方法が異なるため、取付時間が大きく変動します。

モニター配線を弊社では施工出来ません。施工前にお客様自身でモニター本体、配線の取外しをお願い致します。特に背もたれ内に配線を通されている状態ではシートカバーの取付ができない場合もあります。

車種によってはシート座面などの取外しによって、高確率でピン留め部品などが破損するケースがあります(特に後席)
その際は、同等の機能を得られる手持ちの代替え部品を用いるか、手持ちがない場合メーカーなどに発注の上で後日修正となります。

社外品、後付けタイプのシートヒーター&クーラーと、シートカバーの同時装着は追加料金5,000円(税別)を頂戴いたします。配線処理やスイッチ類取付はできませんのでお客様にて別途手配をお願いします。車種及びシートカバーにより同時装着が困難な場合があります(施工するまで分かりません)その場合の未施工保証はできかねます。
純正タイプにシートカバーを装着した場合、ヒーター&クーラー共に機能面は低下することをご理解ください。